主な保有設備のご紹介 | 食品検査体制 | 食品検査 | 株式会社 東邦微生物病研究所

主な保有設備のご紹介

食品検査部門が保有する主な設備をご紹介します。

 

孵卵器
Incubator

 SANY0005   

冷却機能付きの大型フラン器です。

乾熱滅菌器
Dry heat sterilizers

SANY0007   

乾熱滅菌は、160℃~200℃で、30分~2時間加熱する事により微生物やDNaseなどの酵素や蛋白質を熱変性させ、失活させる滅菌法です。

金属・陶磁器・ガラス等の素材の実験器具等、熱に安定なものの滅菌に用います。

高圧蒸気滅菌器
Autoclave

SANY0009   

オートクレーブは水分を保ったまま、比較的低温で滅菌できるという特性を持つため、乾熱滅菌が使えない水分を含む物や水溶液のほか、ポリプロピレンなど比較的高温に耐える一部のプラスチック製品も含めて、極めて広い対象を比較的簡便に滅菌することができます。 

水分活性測定器
water activity

SANY0024    

スイスアクセール社(ノヴァシーナ事業部)の水分活性測定装置です。LabMASTER-awシリーズは恒温装置付のモデルで、スピーディな高精度測定が可能です。

試料を恒温密封容器に入れて放置すると試料の表面と周囲空気との間で、水分(自由水)の吸脱着が行われ、やがて平衡状態に達します。この時の容器内の湿度を電気抵抗式(電解質式)湿度センサーでモニターし、水分活性値を測定します。

 

ヨウ化ナトリウムシンチレーション検出器・放射能測定器
NaI scintillation detector Radiation Detector

SANY0026  

平成24年4月から適用されている食品中の放射性物質に係る新基準に対応するスクリーニング法に適合する性能を有しています。

2インチNaI検出器を用いた放射能測定システムです。

131I、134Cs、137Csの3核種を同時に測定可能です。

検出限界は下記の通りです。

V-11容器 :25Bq/kg以下 (60分以上測定時)
マリネリ容器 CAN-125G-E :25Bq/kg以下 (15分以上測定時)
マリネリ容器 CAN-KM-301 :25Bq/kg以下 (11分以上測定時)

減圧乾燥器
Vacuum dry chamber

SANY0027    

減圧度は210(hPa)と大気圧よりも低い減圧乾燥です。 あまり沸点は低くなりませんが、被乾燥物の内部水分の遊離性が高められるため、表面硬化が起こりにくく、40~60℃での 低温乾燥が可能です。