食品添加物の検査 | 食品理化学検査 | 食品検査 | 株式会社 東邦微生物病研究所

食品添加物の検査

食品添加物の使用は、食品衛生法の規格基準を満たすことが不可欠です。
品質検査、輸入時の自主検査は、各種食品添加物の検査実績が豊富な弊社へお任せください。

 tenkabutu  

食品衛生法上の定義(法第2条第2項)

食品の製造の過程、食品の加工、保存の目的で、食品に添加、混和、浸潤などの方法によって使用するものと定義されています。

使用目的による分類

【製造の過程に必要なもの】
 製造用剤、消泡剤、醸造用剤、発酵調整剤、酵素
【食品の保存性を高め食中毒を予防するもの】
 保存料、酸化防止剤、殺菌料、防かび剤
【食品の風味・外観・品質を向上させるもの】
 着色料、発色剤、漂白剤、調味料、甘味料、香料
 乳化剤、増粘安定剤など
【食品の栄養価を補充強化するもの】
 ビタミン、ミネラル、アミノ酸など

食品添加物検査のご案内

まずは、お問い合わせ入力フォーム、電子メール、電話にてお問い合わせください。
技術的な内容につきましては、食品検査スタッフが応対させていただきますので、お気軽にご連絡ください。

検査項目

検査項目は、定量分析と定性分析に分かれます。

●印でマーキングした検査項目について検査を実施しています。

検 査 項 目 定量分析 定性分析 納期
(営業日)
試料量
(g)
保存料 安息香酸 - 11 100
ソルビン酸 - 11 100
デヒドロ酢酸 - 11 100
パラオキシ安息香酸類 - 11 100
酸化
防止剤
エリソルビン酸 16 100
アスコルビン酸 16 100
ジブチルヒドロキシトルエン(BHT) - 16 100
ブチルヒドロキシアニソール(BHA) - 16 100
着色料 食用赤色2号 11 100
食用赤色3号
食用赤色40号
食用赤色102号
食用赤色104号
食用赤色105号
食用赤色106号
食用黄色4号
食用黄色5号
食用青色1号
食用青色2号
甘味料 サッカリン 16 100
発色剤 亜硝酸ナトリウム - 14 100
漂白剤 二酸化硫黄 14 100
防カビ剤 イマザリル 16 100
チアベンダゾール 16 100
オルトフェニルフェノール 16 100
ジフェニル 16 100

上記の項目以外にも検査可能な項目が多くございますので、詳細につきましては、お問い合わせください。

関連外部リンク

厚生労働省・食品添加物ページ
公益財団法人 日本食品化学研究振興財団
日本食品添加物協会