食品品質管理項目の検査 | 食品理化学検査 | 食品検査 | 株式会社 東邦微生物病研究所

食品品質管理項目の検査

消費者へ安全な食品を供給する責任を果たすため、食品の加工・製造・物流の各過程を通して厳格な品質・工程管理が要求される時代となっています。
弊社では、理化学検査の豊富な実績をもとに、貴施設の品質・工程管理を迅速・適確にサポートいたします。

 

sm-SANY0006  

昨今の食品関連の不祥事として微生物汚染以外の食品トラブルが急増しており、消費者の目は商品に関する情報提供や品質管理を重要視するように変化しています。
この消費者行動の変化は、食品取扱現場の品質管理の枠を超えて商品企画から購買管理まで一貫した品質管理システムが問われる時代となってきたものといえます。
今や、食品安全マネジメントシステムISO22000や食品の加工・製造・物流過程におけるトレーサビリティシステム構築を視野に入れた品質管理システムの強化が求められています。

 

 

品質管理項目の検査のご案内

まずは、お問い合わせ入力フォーム、電子メール、電話にてお問い合わせください。
検査内容の技術的なお問い合わせは、食品分析の専門スタッフが直接対応させていただきますので、お気軽にお問い合わせください。
 

品質管理項目

検査項目 納期 試料量
(g)
検査方法 定量
下限
表示単位
pH 5 100 ガラス電極法    
水分活性 5 100 水分活性計    
酸価(AV) 5 100 エーテル滴定法    
過酸化物価(POV) 5 100 イソオクタン法   meq/kg
糖度(Brix) 5 100 屈折計  
揮発性塩基性窒素(VBN) 5 100 拡散法による定量   mg%
官能試験(味) 5 50 官能法    
官能試験(臭い) 5 50 官能法    
官能試験(外観) 5 50 官能法    
イノシン酸 17 100 高速液体クロマトグラフ法 0.1 mg/100g
重金属(Pbとして) 11 100 硫化ナトリウム法 10 ppm
K値 17 100 高速液体クロマトグラフ法    
比重 5 300mL 密度計    
酸度 10 50 中和滴定法   %

 

sm-SANY0005

真空乾燥器

 
sm-SANY0003

水分活性計

 

有害物質

検査項目 納期 試料量(g) 検査方法 定量
下限
表示単位
ヒスタミン 11 100 高速液体クロマトグラフ法 5 mg/100g
総水銀 13 100 還元気化原子吸光光度法 0.01 ppm
カドミウム 13 100 誘導結合プラズマ質量分析法 0.1 ppm
砒素 13 100 原子吸光光度法 0.1 ppm
11 100 誘導結合プラズマ質量分析法 0.1 ppm
セレン 11 100 原子吸光光度法 2 ppm
総クロム 11 100 誘導結合プラズマ発光分析法 0.05 ppm
スズ 11 100 原子吸光光度法    

その他金属類(要相談)

11 100 原子吸光光度法    

 納期は、営業日による標準日数です。

 この他にも、多くの検査可能な項目がございます。詳細につきまてはお気軽にお問い合わせください。

関連外部リンク

一般財団法人 食品産業センター

公益社団法人 日本食品衛生学会

公益社団法人 日本農林規格協会(JAS)

独立行政法人 食品総合研究所

日本食品添加物協会