プール水 | 水質検査 | 水質検査 | 株式会社 東邦微生物病研究所

プール水

大人から子供まで多くの人が同時に利用する遊泳用プールや学校プールでは、それぞれの遊泳者が快適かつ衛生的に利用できるように水質基準と検査頻度が定められています。
塩素系消毒剤の使用は、消毒副生成物(総トリハロメタン)が生成されるおそれがあることから適切な使用について留意する必要があります。
水質基準に適合した水質を維持・管理するためには水質検査が不可欠です。

a1180_004239  

弊社は、フィットネスクラブ、スイミングスクール、遊園地など多くのプール施設から検査をご依頼いただき、プール衛生の向上に貢献させていただいております。

 

採水から検査結果のご報告まで一貫したサービスをご提供しております。貴施設のプール維持管理に是非お役立てください。

  

プール水検査のご案内

納期、お見積りにつきましては、お問合せ入力フォーム、電子メール、電話にてお問合せください。
プール水の検査項目、検査頻度につきましては、都道府県の条例により独自に定められている場合が多くありますので、管轄地域の保健所にお問合せください。

 

プール水基準値と検査頻度

遊泳用プール

項目名 基準値 検査頻度
水素イオン濃度 5.8以上8.6以下であること 毎月1回以上
濁度 2度以下であること 毎月1回以上
過マンガン酸カリウム
消費量
12mg/L以下であること 毎月1回以上
遊離残留塩素濃度

0.4mg/L以上であること

また、1.0mg/L以下であることが望ましい

毎日午前中1回以上
午後2回以上

(このうち1回は、遊泳者数の
ピーク時に測定することが望ましい)

(二酸化塩素濃度) 0.1mg/L以上 0.4mg/L以下であること
(亜塩素酸濃度) 1.2mg/L以下であること
大腸菌 検出されないこと 毎月1回以上
一般細菌 200CFU/mL以下であること 毎月1回以上
総トリハロメタン おおむね0.2mg/L以下であることが望ましい 毎年1回以上
(通年営業、夏季営業のプールは
6~9月、それ以外の時期に営業
するプールは水温が高めの時期
に行う)
*レジオネラ属菌 検出されないこと 年1回以上

*気泡浴槽採暖槽等の設備その他のエアロゾルを発生させやすい設備又は、水温が比較的高めの設備がある場合

 

学校プール

項目名 基準値 検査頻度
遊離残留塩素

0.4mg/l 以上であること

また、1.0mg/l 以下であることが望ましい

使用日の積算が
30日以内ごとに1回
pH値 5.8以上8.6以下であること
大腸菌 検出されないこと
一般細菌 1ml 中 200コロニー以下であること
有機物等 過マンガン酸カリウム消費量として12mg/l 以下であること
濁度 2度以下であること
総トリハロメタン 0.2mg/l 以下であることが望ましい 使用期間中の適切な時期に
1回以上
循環ろ過装置の
処理水

循環ろ過装置の出口における濁度は、0.5度以下であること

また、0.1度以下であることが望ましい

毎学年1回定期

 *毎授業日の点検

 ・水中に危険物や異常なものがないこと
 ・遊離残留塩素は、プールの使用前及び使用中に1時間ごとに1回以上測定
 ・pH値は、プールの使用前に1回測定し、pH値が基準値程度に保たれていることを確認
 ・透明度に常に留意し、プール水は、水中で 3m 離れた位置からプールの壁面が明確に見える程度に保たれていること

 *使用日数の積算が30日を超える場合はさらに1回以上行う。

 

検査項目セット

検査頻度、試料数に応じた価格割引の検査セットがございます。詳細は弊社営業部までお問い合わせください。

 

遊泳用プール

No. 

検査項目

基準値

6項目

セット

7項目

セット

8項目

セット

1

水素イオン濃度

5.8以上8.6以下

2

濁度

2度以下

3

過マンガン酸カリウム消費量

12mg/L以下

4

大腸菌

検出されないこと

5

一般細菌

200CFU/mL以下

6

総トリハロメタン

0.2mg/L以下

 

7

レジオネラ属菌

検出されないこと

 

 

8

遊離残留塩素

0.4mg/L以上であること、

また1.0mg/L以下であることが望ましい

健発第0528003号 厚生労働省健康局長通知(平成19年5月28日)

 

学校プール

No. 

検査項目

基準値

6項目

セット

7項目

セット

1

水素イオン濃度

5.8以上8.6以下

2

濁度

2度以下

3

過マンガン酸カリウム消費量

12mg/L以下

4

大腸菌

検出されないこと

5

一般細菌

200CFU/mL以下

6

総トリハロメタン

0.2mg/L以下であることが望ましい

 

7

遊離残留塩素

0.4mg/l 以上であること、

また、1.0mg/l 以下であることが望ましい

  

検査方法と標準納期

 

「納期」欄は、営業日日数を指します。至急対応もありますので、予めご連絡ください。

 

No.

検査項目

納期

検査方法

試料量

(mL)

1

pH

4~5

ガラス電極法

100

2

濁度

4~5

散乱光測定方法

100

3

過マンガン酸カリウム消費量

4~5

滴定法

100

4

遊離残留塩素

4~5

DPD法

100

5

大腸菌

4~5

特定酵素基質培地法

100

6

一般細菌

4~6

標準寒天培地法

100

 

No.

検査項目

遊泳プール

学校水泳

プール

納期

検査方法

試料量

(mL)

7

二酸化塩素

●(二酸化塩素消毒)

 

4~5

イオンクロマトグラフ法

100

8

亜塩素酸

●(二酸化塩素消毒)

 

4~6

イオンクロマトグラフ法

100

9

レジオネラ属菌

 

7~10

冷却遠心濃縮法

500

10

総トリハロメタン

14

ヘッドスペースGC/MS法

100

 

採水

採水容器と採水方法は、こちら「採水容器と採水方法」をご覧ください。

 

ご報告

基準値超過の項目がある場合は、速報にてご連絡し今後の対策・再検査等についてご相談させていただきます。

関連外部リンク

学校環境衛生基準(平成21年文部科学省告示第60号)

学校環境衛生管理マニュアル「水泳プールの管理」(文部科学省)

「遊泳用プールの衛生基準について」(平成19年5月28日健衛発第0528003号(厚生労働省)