冷却水・工業用水・ボイラ水 | 水質検査 | 水質検査 | 株式会社 東邦微生物病研究所

冷却水・工業用水・ボイラ水

設備用に使用する冷却水、工業用水、ボイラ水等の水質管理は、設備維持・安全管理に不可欠です。
定期的な水質検査により、水質変動の状況を把握して対策を施すことで、配管の腐食やスケール等のトラブルを効果的に防止することができます。
弊社では、ランゲリア指数、安定度など配水・給水系統の管理に重要な水質検査も承っております。

Flammrohrrauchrohkessel  

冷却水の検査は、日本冷凍空調工業会「冷凍空調機器用水質ガイドライン」に沿って行ない、維持管理の基準は、本ガイドラインの「冷却水・冷水・温水・補給水の水質基準値」が指針となります。

 

工業用水の検査は、JIS-K-0101「工業用水試験方法」に従って検査をします。

 

ボイラ水は、弊社が受託可能な検査項目に限り、JIS B 8223(ボイラの給水及びボイラ水の水質)、B 8224(ボイラの給水及びボイラ水-試験方法)に準拠して検査します。

  

冷却水検査のご案内

冷凍空調機器用水(冷却水、冷水、温水、補給水)の検査

(冷凍空調機器用水質ガイドライン(JRA-GL02:1994)に基づく検査)

検査頻度、検査項目、試料数などをお知らせください。納期と費用についてお見積いたします。

基準項目と関連項目

区分

検 査 項 目

検 査 方 法

基準項目

pH(25℃)

ガラス電極法

電気伝導率(25℃)

電気伝導率計法

塩化物イオン

イオンクロマトグラフ法

硫酸イオン

吸光光度法

酸消費量(pH4.8)

塩酸滴定法

全硬度

ICP法

カルシウム硬度

ICP法

イオン状シリカ

吸光光度法

参考項目

誘導結合プラズマ発光分光光度法

誘導結合プラズマ発光分光光度法

硫化物イオン

ヨウ素滴定法

アンモニウムイオン

蒸留・中和滴定法

残留塩素

DPD法

遊離炭酸

滴定法

安定度指数(RSI)

 

その他

飽和指数(LSI)

 

マトソン比

 

アミン(定性)

 

アミン(定量)

吸光光度法

溶解性蒸発残留物

重量法

レジオネラ属菌

 

 冷凍空調機器用水質ガイドライン

日本冷凍空調工業会標準規格「冷凍空調機器用水質ガイドライン」JRA-GL02-1994には、 熱交換器の寿命延長、効率保持または低下防止を目的として、 冷却水、補給水の水質基準及びその管理方法が定められています。

 

項 目

基準値

傾 向

冷却水系

腐食

スケール

生成

循環式

一過式

循環水

補給水

一過水




pH(25℃)

6.5~8.2

6.0~8.0

6.0~8.0

電気伝導率 [mS/m](25℃)

[μS/cm](25℃)

80以下
(800以下)

30以下

40以下
(400以下)

塩化物イオン [mg/L]

200以下

50以下

50以下

 

硫酸イオン [mg/L]

200以下

50以下

50以下

 

酸消費量(pH4.8) [mg/L]

100以下

50以下

50以下

 

全硬度 [mg/L]

150以下

50以下

50以下

 

イオン状シリカ [mg/L]

50以下

30以下

30以下

 




鉄 [mg/L]

1.0以下

0.3以下

1.0以下

銅 [mg/L]

0.3以下

0.1以下

0.1以下

 

硫化物イオン [mg/L]

不検出

不検出

不検出

 

アンモニウムイオン [mg/L]

1.0以下

0.1以下

1.0以下

 

残留塩素 [mg/L]

0.3以下

0.3以下

0.3以下

 

遊離炭素 [mg/L]

4.0以下

4.0以下

4.0以下

 

安定度指数

6.0~7.0

  

工業用水検査のご案内

本基準は、現在供給を行っている工業用水道の供給水質の実態(処理下水等特殊な水源のものを除く)、 及び工業用水道受給者側の要望水質を勘案して算出した目安となる標準値です。

 

工業用水道の水質の測定【工業用水道事業法施行令、昭和33.10.20 政291】

水温、濁度、水素イオン濃度、アルカリ度、硬度、蒸発残留物、塩素イオン、鉄イオン

 

工業用水道の供給標準水質【日本工業用水協会・工業用水水質基準制定委員会(昭46制定)】

 

検査項目

濁度
(mg/L)

pH
(-)

アルカリ度
CaCO3
(mg/L)

硬度
CaCO3
(mg/L)

蒸発
残留物
(mg/L)

塩素イオン
Cl-
(mg/L)


Fe
(mg/L)

マンガン
Mn
(mg/L)

工業用水道供給標準値

20

6.5~8.0

75

120

250

80

0.3

0.2

【備 考】

・本表の数値は、現在供給を行っている工業用水道の供給水質の実態(処理下水等特殊な水源のものを除く)、及び 工業用水道受給者側の要望水質を勘案して算出した目安となる標準値です。

 

・工業用水道の供給水質は、工業用水道使用者全体の用途を考慮して効率的、経済的に定めることとなるので、 原水の水質の状況によっては本表により難い場合もあります。

 

  工業用水道水の検査につきましては、多くの検査実績がございます。ご不明な点や御見積は、営業部までお気軽にご相談ください。

 

 

ボイラ水、補給水検査のご案内

ボイラを連続運転するためには、トラブルを未然に防止することが重要です。

ボイラの異常の予兆を把握するためには、ボイラ水の水質を、JIS B 8223(ボイラの給水及びボイラ水の水質)の基準値、ボイラ・薬品メーカーによる水質基準値をもとに水質管理する必要があります。

 

弊社が検査可能な項目について、JIS B 8223(ボイラの給水及びボイラ水の水質)、B 8224(ボイラの給水及びボイラ水-試験方法)に準拠して検査いたします。

受託可能な検査項目の詳細につきましては、弊社までお問合せください。

また、検査頻度、試料数などをお知らせください。納期と費用についてお見積いたします。

 

JIS規格の検索はこちらでご覧ください。

 

関連外部リンク

一般社団法人「日本冷凍空調工業会」

一般社団法人「日本工業用水協会」