世界遺産、熊野三山の町(和歌山県) | その他 | お役立ち情報 | 株式会社 東邦微生物病研究所

カテゴリー

  LINEで送る  
依頼書ダウンロード ア ク セ ス 初めての方へのご案内 検査ご案内 営業部アッピール 技術的事項のお問い合わせ 許認可

世界遺産、熊野三山の町(和歌山県)

 

今回は、お客様として水質検査でよくお世話になっています和歌山県新宮市をご紹介します。

 

新 宮 市

新宮市は、和歌山県の最東端で紀伊半島の東南部に位置し、昔から木の国といわれ、気候温暖にして山紫水明の地です。古くは日本書紀で熊野神邑(くまのかむのむら)と呼ばれ熊野信仰の中心都市として栄え、中世には熊野本宮大社への入り口として熊野速玉大社(くまのはやたまたいしゃ)の門前仲町として発展してきました。

 

紀伊山地の熊野三山、高野山、吉野・大峯は、日本を代表する神仏習合の山岳霊場で、そこに至る参詣道は、よく保全された見事な文化的景観を形成しています。2004年7月、日本で12番目の世界遺産に登録されました。

 

神が宿る熊野の山々。平安時代、熊野本宮大社・熊野速玉大社・熊野那智大社を中心とした、熊野三山の信仰が高まり、皇室や貴族をはじめ、武士や庶民階級にまで熊野参詣が広がった。  

 

霊場、熊野三山は、宮都である京都からも日本各地からも遠い紀伊半島南東部に位置するため、参詣者それぞれの出発点に応じて複数の経路が開かれているが、大きく三つに分類できる。

 

第一の経路は紀伊半島の西岸を歩む「紀伊道」で、田辺で山中を通る「中辺路」と海岸沿いの「大辺道」に分かれる。

第二の経路は紀伊半島の東岸を歩む「伊勢道」。第三の経路は紀伊半島の中央部を通り、霊場「高野山」と「熊野三山」を結ぶ「小辺路」と呼ばれる道です。

熊野三山への参詣は、平安時代から室町時代まで盛んに行われ、多くの参詣者が列をなして進んだことから「蟻の熊野詣」といわれた。古代・中世と熊野三山への参詣に利用された熊野参詣道は、近世には熊野三山への参詣をも含む西国巡礼の経路とされました。

新宮市の自然資源は豊富で、熊野川の支流北山川の渓谷で、壮絶な岩と原生林と清流がつくり出す自然美が堪能できる吉野熊野国立公園の名勝「瀞峡(どろきょう)渓谷」や国の天然記念物に指定されている「浮島(うきじま)の森」、日本の滝百選に選ばれた「桑ノ木の滝」、「雲取(くもとり)温泉」等がある。

 

新宮市には世界遺産や観光名所など魅力がいっぱい。

 

次回の旅行には新宮市を訪れ、観光と昔より人々が深遠なる祈りをこめ旅した熊野参詣道をたどり、山の神々に願い事をされてみてはいかがでしょうか。

 

新宮市観光協会

〒647-0081
和歌山県新宮市新宮6993 JR新宮駅内

電話0735-22-2840

 

交通のご案内

●車

 阪和自動車道みなべICより、国道42号(田辺経由)国道311号、国道168号を経由し、新宮市へ

 

●電車

京都・新大阪・天王寺から発車する特急くろしお、スーパーくろしお、オーシャンアローなどを利用

JR紀勢本線にて紀伊半島を南下、終点「JR新宮駅」下車