浴槽水の水質検査 | 水質検査 | お役立ち情報 | 株式会社 東邦微生物病研究所

カテゴリー

 
  このエントリーをはてなブックマークに追加
250-7
  LINEで送る
250-7
250-7 ノロウイルス検査のご用命は弊社に! 250-7 download access-map biginners_help campaign annai-5土曜日も営業対応しています。電話、E-Mailでお気軽にご相談ください。 技術的なお問合せには検査担当のスタッフが丁重にお答えします kyoninka-touroku

浴槽水の水質検査

 

公衆浴場、旅館の入浴施設にはレジオネラ症発生の防止対策等、一層の衛生水準の維持、確保を図るため、「公衆浴場における水質基準等に関する指針」(厚生労働省健発第0214004号 平成15年2月14日)が定められています。

 

原湯、原水、上り用湯、上り用水

検査項目

水質基準

検査頻度

色度

5度以下であること

1年間に1回以上

濁度

2度以下であること

pH

5.8~8.6であること

過マンガン酸カリウム消費量

10mg/L以下であること

大腸菌群

50ml中に検出されないこと

レジオネラ属菌

検出されないこと(10cfu/100mL未満)

 

浴槽水(循環濾過装置を使用していない浴槽、循環濾過装置を使用して毎日完全換水している浴槽)

検査項目

水質基準

検査頻度

濁度

5度以下であること

1年間に1回以上

過マンガン酸カリウム消費量

25mg/L以下であること

大腸菌群

1個/ml以下であること

レジオネラ属菌

検出されないこと(10cfu/100mL未満)

 

浴槽水(連続使用型浴槽(24時間以上完全換水しないで循環濾過している浴槽)

検査項目

水質基準

検査頻度

濁度

5度以下であること

塩素消毒の場合1年間に2回以上

塩素消毒以外の場合1年間に4回以上

過マンガン酸カリウム消費量

25mg/L以下であること

大腸菌群

1個/ml以下であること

レジオネラ属菌

検出されないこと(10cfu/100mL未満)

 

複数の浴槽がある場合には循環濾過装置の系統ごとに検査をする必要があります。しかし同じ循環濾過装置で浄化していても、例えば男湯と女湯で入浴者数が異なることもあり、そのため検査結果が相違する場合もありますので浴槽ごとに検査をする方がより好ましいといえます。

薬湯、温泉水は、「温泉等を使用するものであるため、この基準により難く、かつ、衛生上危害を生じるおそれがないとときは色度、濁度、pH、過マンガン酸カリウム消費量の基準の一部又は全部を適用しないことができる」とされています。この適用除外の薬湯、温泉に該当するかどうかは、予め監督機関において確認してください。