検便用の名前ラベル・検体袋の使用方法 | 検便 | お役立ち情報 | 株式会社 東邦微生物病研究所

カテゴリー

 
  このエントリーをはてなブックマークに追加
250-7
  LINEで送る
250-7
250-7 ノロウイルス検査のご用命は弊社に! 250-7 download access-map biginners_help campaign annai-5土曜日も営業対応しています。電話、E-Mailでお気軽にご相談ください。 技術的なお問合せには検査担当のスタッフが丁重にお答えします kyoninka-touroku

検便用の名前ラベル・検体袋の使用方法

 

 

検体袋と名前ラベルが一体式になっています。下記の要領で取り扱いお願いします。

 

kenben-1

 

新規採用者等氏名が登録されていない場合は、無地袋をご利用いただき 空欄に会社名、所属又は店舗名、氏名を記入してください。

 

kenben-2

 

名前ラベルの貼る方向に注意してください。

 

kenben-3

 

kenben-label-tyuuiten

 

 

kenben-4  

便の採取方法

本体からキャップをゆっくり引き抜いて下さい。

 

キャップに採取棒が固定されています。

 

便の表面に採取棒の先端部(穴があいています)を2~3回突き刺し、穴の部分に便が埋まる程度採取して下さい。

 

※下痢便の時も同様に必ず穴の部分に便を入れて下さい。

 

キャップを本体入口の斜め上より差し込み、パチンと音がするまで押し込んで下さい。

 

容器本体には保存液が入っておりますが採取後は速やかに提出して下さい。(1週間以内)

 

容器の使用期限は本体に記載されています。

 

 

 

 

未採取とは?

検査をしても菌が全く見つからないことです。 
便を採取しているにもかかわらず、採取量が少量であったり、水洗トイレの溜まり水に浸けただけで菌が全く見つからない場合も未採取となります。 
未採取にならないように、採取棒の先端に便がしっかりと付着しているのを確認をしてから提出して下さい。