猫ひっかき病 | 感染症 | お役立ち情報 | 株式会社 東邦微生物病研究所

カテゴリー

 
  このエントリーをはてなブックマークに追加
250-7
  LINEで送る
250-7
250-7 ノロウイルス検査のご用命は弊社に! 250-7 download access-map biginners_help campaign annai-5土曜日も営業対応しています。電話、E-Mailでお気軽にご相談ください。 技術的なお問合せには検査担当のスタッフが丁重にお答えします kyoninka-touroku

猫ひっかき病

 

 

 

猫ひっかき病(Cat Scratch Disease:CSD)バルトネラ・ヘンセル(Bartonella henselae)によって引き起こされる人畜共通感染症の一つです。

猫にひっかかれたり、咬まれたりすることによって感染し、原因はバルトネラ・ヘンセルという菌です。幼児や思春期の子供に多く発症し、猫に対して全く病原性はありません。

猫ノミの糞中の細菌が毛づくろいなどによって猫の歯や爪に付着することによって、ひっかかれたり、咬まれたりすることで、傷口から細菌が侵入し血管の壁に感染すると考えられています。

患者発生に季節性が認められ、夏から初冬に多く猫につくノミの繁殖と関係があると思われます。

症状

3~10日の潜伏期間ののち、猫にひっかかれた傷が赤く腫れます。大半の人は、発熱が続き、リンパ筋腫大、全身倦怠、関節痛、食欲減退、頭痛もみられます。

特に治療をしなくても自然に治癒することが多い。しかし、自然治癒するまでに数週間から数ヶ月かかることもあります。

診断

猫をはじめとする動物との接触歴のある患者で、リンパ筋の腫れや発熱を伴う場合には本症を疑い、血液検査、画像検査、血清診断、PCR法による遺伝子の検出などによって確定診断を行ないます。

治療

猫によって傷つけられた場合には、傷口を速やかに洗浄、消毒を行ってください。

免疫機能が正常であれば自然治癒するので抗生剤を使用しないこともありますが、免疫異常の患者さんや重傷の場合にはマクロライド系抗生物質が一般的に用いられます。

予防

この病気の病原菌は、ノミの媒介がします。予防策は、猫にノミやダニが付かないように心がけることと、飼い猫を外に出さないことが良い方法です。また、食べ物を口移しで与える等の猫との過度、濃密な接触はさけて飼育することに心がけてください。

参考文献: 感染症学雑誌