有毒植物による食中毒にご注意! | 食中毒 | お役立ち情報 | 株式会社 東邦微生物病研究所

カテゴリー

 
  このエントリーをはてなブックマークに追加
250-7
  LINEで送る
250-7
250-7 ノロウイルス検査のご用命は弊社に! 250-7 download access-map biginners_help campaign annai-5土曜日も営業対応しています。電話、E-Mailでお気軽にご相談ください。 技術的なお問合せには検査担当のスタッフが丁重にお答えします kyoninka-touroku

有毒植物による食中毒にご注意!

 

suisen  

春になりますと、山菜採りや観賞用の植物を植えたりするなどの機会が多くなります。

植物には、有毒成分(植物性自然毒)を含むものがあり、これらを誤って食べてしまうと、嘔吐、下痢、めまいなどの中毒症状を呈し、最悪の場合、死に至ることがあります。

毎年、全国で有毒植物による食中毒が発生しているので注意が必要です。

 

消費者庁は、全国の消費者2,000人を対象として、家庭で育てた植物、自生の植物の喫食などについて意識・行動のアンケート調査を実施し、有毒植物による食中毒を防ぐための注意点がまとめられ、平成は28年4月13日「家庭菜園等における有毒植物による食中毒に御注意ください」というアナウンスがされています。

平成27年の集計によりますと、有毒植物の家庭内喫食により全国で42名が食中毒になり、そのうち4名が死亡して過去10年で最も多い死亡者数となっています。

katei-saien  
消費者庁より引用  

 

有毒植物による食中毒は4月、5月が要注意

有毒植物による食中毒は毎年発生していますが、新芽で植物の判別がしにくい4月、5月に特に多く集中しています。

死亡事例を見ますと、園芸店で観賞用として販売される「イヌサフラン」(有毒植物)の誤食によるものが4名と最も多いです。

 

食用植物は観賞用植物と区分けして植えましょう

家庭菜園などで植物を育てる場合、食用植物と観賞用植物を明確には分けていないと回答した方が34.1%でした。

家庭内の有毒植物による食中毒は、自生植物や観賞用植物を食用と誤認して喫食した事例が複数ありました。

食用植物を植える場合、明確に区分けするとともに、家庭内でその情報を共有して、誤って食べないようにしましょう。

  

スイセンによる食中毒

スイセンは観賞用の植物ですが、全体にリコリン、タゼチンといったアルカロイド系の有毒成分が含まれており、誤って食べると激しい嘔吐や下痢を呈し、重篤な場合、瞳孔散大やけいれんを起こします。

葉の部分を「ニラ」と誤って食べたり、鱗茎(りんけい)の部分を「ノビル」と誤って食べる食中毒は、ほぼ毎年、全国で発生しています。

 

チョウセンアサガオによる食中毒

チョウセンアサガオの根が「ゴボウ」によく似ていることから誤って食べられることが多く、ほぼ毎年、全国で食中毒が発生しています。植物全体に含まれるアトロピンやスコポラミンといったアルカロイド系の有毒成分が、めまいや瞳孔散大、幻覚などの食中毒症状を引き起こします。

 

イヌサフランによる食中毒

葉を「ギボウシ」「ギョウジャニンニク」「ミョウガ」と誤ったり、球根を「ジャガイモ」「タマネギ」と誤って食べることがあります。葉、花、球根全体にコルヒチンという強い毒成分を含んでおり、嘔吐、下痢、呼吸困難などが引き起こされます。

平成26年には、イヌサフランを「ギョウジャニンニク」と誤って食べた人が死亡する事例が発生しています。

 

食べられる自信がないものは食べない

家庭菜園の植物を食べるとき、食用できるか否かに自信がない場合の確認方法として「自信がなくても確認はしない」と回答した方が3.9%ありました。

有毒植物には、食用植物と外観や名前がよく似たものがあるため、確実に食用できると自信が持てないものは食べるのをやめましょう。

安易に人にあげたり、もらったりしないようにしましょう。素人判断は危険です。もし、誤って食べてしまった場合は、その植物を持って、すぐに医師の診察を受けてください。

「食べても大丈夫だろう。」という安易な過信は禁物です。これからの行楽シーズン、食中毒を起こすことなく、楽しんで過ごせるようにしましょう。

 

有毒植物など詳しくは厚生労働省HP
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/shokuhin/yuudoku/

 消費者庁/家庭菜園等における有毒植物による食中毒に御注意ください(PDF 1.7MB)

http://www.caa.go.jp/policies/policy/consumer_safety/release/pdf/160413kouhyou_1.pdf