薬剤感受性試験 | 臨床微生物検査 | 臨床検査 | 株式会社 東邦微生物病研究所

カテゴリー

 
  このエントリーをはてなブックマークに追加
250-7
 
250-7
LINEで送る  
250-7 download access-map biginners_help annai-5土曜日も営業対応しています。電話、E-Mailでお気軽にご相談ください。 campaign 技術的なお問合せには検査担当のスタッフが丁重にお答えします kyoninka-touroku

薬剤感受性試験

感染症の治療に有効な抗生剤を選択するための薬剤感受性試験。
弊社では、ディスク拡散法により米国CLSI(Clinical and Laboratory Standards Institute、臨床・検査標準協会・旧NCCLS)が推奨する試験薬剤を中心として試験を行っています。

 KB_photo

出典: Wikipedia

 

ディスク拡散法

菌液を塗布した培地上に薬剤含有ディスク(薬剤を滲みこませた乾燥濾紙) を置くと培地中の水分をディスクが吸収し、ディスクを中心に抗菌剤が拡散します。この時ディスク周辺の薬剤濃度が濃く、ディスクから離れるにつれ濃度が薄くなります。 

塗布された菌は増殖を開始し、ディスクに含まれる薬剤が菌に対して効果があればそのディスクの周辺に菌は発育せず、 阻止円(菌が発育していない部分の円)が形成されます。
薬剤の効果が無いときは、ディスク周辺にも菌は発育するため阻止円は形成されません。

 

薬剤感受性試験のご案内

弊社は、一般細菌の薬剤感受性試験法としてCLSIがWHOの勧告基準に準拠して制定したKirby Bauer(KB)ディスク法を採用しています。

K-B法を採用する各国間では、検査方法および判定基準が統一されていますので、データの相互利用と的確な臨床情報を得ることができます。

 

国内の医療施設で使用される多くの抗菌薬に対応しておりますので、臨床からの様々なご要望にお応えできます。

菌種ごとの薬剤感受性パターンなどのご要望については、弊社営業部若しくは臨床衛生検査部まで相談ください。

 

検査方法

1.   滅菌生理食塩水に菌を浮遊させて、Mcfarland №0.5の濃度の菌液を調製します。

2.   綿棒に菌液をしみこませ、ミューラーヒントンS培地に、3方向から3回塗布します。

3.   KBディスクを先の細いピンセットで間隔をあけて均等に配置します。

4.   ふ卵器37 ℃で、16~18時間培養します。

 

判定: 阻止円の直径について、mm 単位で測定し、それぞれの薬剤を判定基準と照合し、

S : (Susceptible 感性)

I : (Intermediate 中間)

R : (Resistant 耐性)

の3段階評価によりご報告します。

 

抗菌薬リスト

 

弊社で、実施可能な抗菌薬リストの一覧です。(2016年7月現在)

化療記号

薬    剤    名

GM

ゲンタマイシン 120

CZOP

セフォゾプラン 30

LZD

リネゾリド 30

AZM

アジスロマイシン 15

DRPM

ドリペネム 10

CZX

セフチゾキシム 30

VCM

バンコマイシン 30

MEPM

メロペネム 10

CFPM

セフェピム 30

CAZ

セフタジジム 30

CTRX

セフトリアキソン 30

FOM

ホスホマイシン 50

CPR

セフピロム 30

FMOX

フロモキセフ 30

CFIX

セフィキシム 5

ABPC/SBT

アンピシリン・スルバクタム 10/10

CPZ/SBT

セフォペラゾン・スルバクタム 75/30

ISP

イセパマイシン 30

CAM

クラリスロマイシン 15

LVFX

レボフロキサシン 5

PAPM

パニペネム 10

TEIC

テイコプラニン 30

CP

クロラムフェニコール 30

ST

SXT

CLDM

クリンダマイシン 2

GM

ゲンタマイシン 10

CEZ

セファゾリン 30

CTM

セフォチアム 30

CFX

セフォキシチン 30

PIPC

ピペラシリン 100

MINO

ミノサイクリン 30